History (歴史)

Samoa (Western Samoa until 1997) was first colonised in 1900 when the three dominant world powers at the time, the United Kingdom, the United States of America and Germany, took control and divided the islands of the Samoa Group into two colonial entities: Western Samoa under German control and American Samoa which became an unincorporated United States territory. The political status of the latter has been retained up to the present, while Western Samoa was taken over by Allied forces at the beginning of WWI, and in 1920, it became a mandated territory under the League of Nations and administered by New Zealand. Western Samoa was placed under the United Nations Security Council in 1946, the year the Council was established with the specific task of preparing colonised states for self-government and independence.

On 1st June 1948, the Samoan flag (which has just been adopted by the Samoans) was officially raised for the first time alongside the New Zealand flag, to the playing of the New Zealand national anthem and the Samoan official anthem (which has also just been approved after a Samoa-wide competition). This event was of great significance to the Samoans, and the conjoint use of both flags and both official anthems continued until 1962.

The colonial period in Samoa was marked by violence and conflict with many Samoan lives lost in contrast to the other Pacific islands where colonial times were relatively peaceful. The Samoans have always insisted on controlling their own lives, particularly in their villages, according to Samoan customs, traditions and practices. The colonial authorities demanded full control, and violent clashes inevitably resulted with neither side backing down. It was not surprising that Samoa became the first Pacific island country to regain its full independence. Over the last fifty years however, the situation has changed with Samoa becoming a leading example of political, economic and social stability in the Pacific islands region where many countries are facing major challenges.

サモアの人々については、紀元前1000年から1500年に現在のサモア人の祖先が海を渡り、住みついたと言われています。その後、西洋諸国との接触は1722年にオランダ人航海家、ヤコブ・ロッゲフェーンがサモアを発見したことに始まりましたが、実質的にサモアの歴史が記録されるようになったのは1830年の宣教師ジョン・ウィリアムのサバイ島上陸以降でした。
サモアは、イギリス、アメリカ、ドイツの3つの列強時代であった1900年に植民地化され、西サモアはドイツに、そして現在のアメリカンサモアは、アメリカの非法人地域として国を二つに分ける形で統制されました。後者のアメリカンサモアの政治状況は、現在に至るまで保たれてきましたが、西サモアは、第一次世界大戦の始めに連合軍の統治に変わり、1920年には国際連盟と、ニュージーランドによる委任統治領にとって代わります。1946年には、植民地の独自の統治と独立を準備する目的で、同年に設立された国連安全保障理事会の元におかれることになります。

1948年の6月1日に、サモアの国旗(この時はサモア国民にのみ承認された)が初めてニュージーランドの国旗の隣に並び、ニュージーランド国歌と、サモア国歌(これもコンテストで選ばれたばかり)と共に掲げられました。この出来事はサモアにとってとても重要で、1962年の独立までこの共同国歌と、共同国旗は続けられました。

サモアの植民地時代は、他の南太平洋諸国が比較的平和だったのとは対照的に、暴力と衝突が際立ち、多くのサモア人が命を落としました。サモアの慣習や伝統、そして慣行によると、サモア人は常に自身の生活、特に自身の村を管理することを要求してきました。一方、植民地の支配者は、完全な統治主張し、両者引く事がなかったため、暴力的な衝突を避けることはできませんでした。
従って、サモアが南太平洋で発の完全独立国となったのも、驚くべきことではありません。この50年以上で状況は変化し、サモアは、主要課題に直面している南太平洋各地域において、政治や経済そして国土の安定の点で優れた見本となっています。

 

Maleitoa-Tanumafili-II-Tupua_Tamasese1

Joint Heads of State, Maleitoa Tanumafi li II and Tupua Tamasese, raising the Flag of Freedom at Tiafau on 1 January 1962, as Paramount Chief, Fiame Mata’afa Faumuina Mulinu’u II, Samoa’s fi rst Prime Minister, is looking on from behind.